最新2009年11月の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルールが大事

カテゴリ:麻雀

11/16

MJネタがしばらくないのでこちらの記事を少し更新しておきましょうw

麻雀記事の続きでs


前回は上京した時に自身初のフリー雀荘へ行きました、という内容でした´ω`

レートはテンピン、まぁ当時は雀荘で麻雀を実際に打てるというドキドキ感しかなかったですw

今でもこの時のことはよく覚えています


メンツは無口なおっさん、よく喋るおっさん、おじいちゃんの3人・∀・

当時18歳だった頃のお話


まぁ、不思議なもので当時は自分中心主義

勝てるでしょ?と普通に思ってました


とりあえず何の問題もなく打っていたわけですが、問題の局面に出くわしたわけです

場は大きく動いておらず、上が3万点くらい下は1万5千点くらいで自分は原点付近の2着目

東3で自分が親番のときにこんな手を聴牌した
こんな手

確か、高めも安めも1枚か初牌だったはず

特にマンズが高い場とかではなかった


この手、あなたならどうしますか?


MJの半荘ルールならリーチが正解だろう、安めのリスクを考える+半荘戦なのでヤミテンで安めの5800や2600オールで終わらせてしまうような手ではない

それに例え、ヤミで高め出あがりをしても親満止まり。東風戦ならこれでも十分だろうが半荘戦では十分なリードとは言えない


さて・・・今でこそ、こんな考え方が普通になったのだが

ここまで書けばなんとなく予想はつくでしょうかw

自分はここでヤミテンに構え、安めを引いて2600オールをあがったのであった´・ω・`

南場に入り、余裕のない点差のまま手が落ちまさかのラスを食う羽目に


ここでヤミにした理由というか、考え方に至ったのはルールが原因だと思う

高校3年間でやってきたルールというのは、ありありだが赤なしチップなしのルールだった

当然、赤もないチップもないとなればそこまでハネマンやバイマンなど多くは出ない

満貫もあがればかなり有利に試合を運べる


だが、この雀荘では赤があったのだ。さらにチップ・・・

この2600オールは他3人から見たらどう映ったのだろうか、リーチしてれば4000オールだしウラが乗ってたら・・・


これはもう結果論とかいうレベルを超えているし、自分でトップを放棄したようなもんであるw

しまいにはラス

6000オールまで全然あった手を2600オールにしてしまった、あそこでしっかりあがっておけば。。。という滅入りも多少はあったような気はする

麻雀はメンタルゲーでもあるとよく言われるが、身をもって学んだ


以上が凄い思い出深い、初フリーのお話です;ω;

ちなみに-3000円程度で済みました、今思うとそれが一番奇跡ですwwwww


数か月後、大学に行くようになると麻雀ばっかしてましたがこれ以降はほとんどが赤入りありありってルールです

これから半年くらいは高校の頃の考え方を根本から見直し、赤入り麻雀に対する考え方を勉強・研究する日々を送りましたw

完全に麻雀廃人への片道切符です´∀`


フリー雀荘、ネット麻雀、先輩に誘われてセットを打つなどの生活が中心でした

ちなみにこの先輩っていうのが、今ではMJでプロ雀士として参戦してる麻雀中毒者です(←

本当に底辺みたいな生活してました・・・が、麻雀のメンツは月日につれてどんどん変わっていき、いろんな人と麻雀しました


正直セットではあんまり負けませんでした(笑

<フリーだとどうしても場代で負けます・・・

あれですね、一度身を持って痛みを知ると反省するっていうか負けず嫌いな性格もあったし変なところで自信家だったからガンガン行ってましたw

きっと原因は、O型クオリティーですね(´・ω・`)


気づけば、自分で本を読んだり他人の麻雀見たり、うまそうな人に話を聞いたりして勝手にスタイルが確立されていきました

ちゃんと打てばそうそう負けない、そんな気持ちで打ってたある日

以前から親しかったおっちゃん2人に自分の麻雀についてふと聞いてみる機会があったわけです

「今、自分の麻雀に足りないものってなんですかね?」と


「相手の心理を読むこと、これが足りない」


当然意味不明でしたw


次回の麻雀ネタはこの言葉の意味についてのお話を書く予定です´ω`ノシ

スポンサーサイト

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。